【ブックレビュー】女性が30代で必ずやっておくべきお金のこと

ブックレビュー女性が30代で必ずやっておくべきお金のこと PERSONAL GROWTH

普段は30代からの美容について、お伝えしていますが、

ステップアップの意味も込めて、

PWRSONAL GROWTHというカテゴリーに追加していこうと思います!

Mai
Mai

借りれるものはお金をかけず、図書館で!

をモットーに、図書館で借りた本ですがレビューします。

働いていると、

改めていろいろ考える時間がなかった20代。

そして今。30代。

ゆったりした時間を(ある意味)もてあそび、

今までを振り返ってみて

いろいろなことを知らないことに気づきました。

と、いうことで。

今回手に取ったのは

女性30代で必ずやっておくべきお金のこと

中村芳子著

です。早速見ていきましょう!

女性が30代で必ずやっておくべきお金のこと

最近、お金について

とても考えさせられることが多いです。

そしてどうして20代でもっと気にしなかったんだろう、

と思ったり。

でも、その時は働くだけで周りが見えてないから

そんなことは気にしないんですよね・・・。

この本は、2011年に書かれています。

なんと、今から9年も前・・・っ!!

時代も変わってそんな前の本読んでも

役に立たないだろう、なーんて思いながら

手にとって目次をパラパラ読むことしばし。

なんと、今私が知りたいこととか

知っておきたかったことがいっぱい書いてあるじゃないですか!!

思わずそのまま勢いよく読みました。

人生100年時代、で世間がざわついたのって、いつだったんだろう。

この本は、それよりもずっと前に、

今のままじゃ、将来困るからちゃんとしておきなさい。

ということをこんこんと伝えてくれえています。

『生きるとは、稼ぎ、使い、貯め、殖やし、また使うこと』

お金と真剣に向き合おう。

そんなところからこの本は始まります。

将来はどうしたい?

子供にいくらかかる?

家は建てる?

未だ独身の私は家庭を持つ、ということに

まだ実感がないままでいます。

でも、将来結婚してもしなくても、

働くことはやめないで、とこの本には書かれている。

生きていくために切っても切り離せないお金。

30年も前なら、普通の収入の男性が妻と子供を養って家を買って

子供の教育費を払って、老後資金まで貯められていた。

でも、今はそんな時代じゃない。

一人に頼りっきりで生きていけない。

そして自分の存在価値のために。

生きがいを見つけるには家で家事だけをしていては

生き生きと暮らせない、と。

さらに、経済力を持ち続けるために、

働き続ける覚悟を持ちなさい、と言っています。

ある程度の年になってくると、

転職は難しいって周りは言う。

でも、それって自分が努力してないからだよね。

今までと同じことしてたら、

なにもステップアップできない。

今までの間に、次のことを考えて、

先を見据えて動かないと

仕事も見つけられない、っていう悲しい状態になっちゃう。

働く、って一言で言っても

その時その時で、働き方も

携わる職種も変わるんだろーな・・・。

『明日死んでもOK、120歳までいきても大丈夫のマネープランを作ろう』

日本人は、将来のために我慢するのが得意だ。

なるほど。そうかもしれない。

貯金も、いつか来る将来のために、と銀行に預金している人のほうが

多いと思う。

私もそんな一人だもん。

ずっと前からやりたいのに、ずるずる先延ばしにしていることってない?

ここ3年ぐらい、ずっと考えてる。

やりたいことがあるなら、悩まないで

動きなさい。

止まってる必要はない、と

たくさんの人から背中を押された。

明日死んでもいい人生だったって、言えるかな?

簡単なようで深い言葉です。。。

『お金と恋愛と結婚はシビアに考える』

愛しているから、だけで結婚はできない。

確かに。

具体的な内容には、

  • 結婚までに年収の1~2年分を貯める
  • 自分の財産を持つこと(それが自信につながる)
  • 結婚と同時に家を買わない
  • 離婚も視野に入れる

といったことが書かれています。

独身なのでスルー←

『お金を使う・管理する』

貯めることは得意でも、

使ったり管理したり画うまくできない気がします。

学校で、お金の授業、なかったもんね。

私がこの本でなるほどなーと思ったのはこの章。

貯める目的は、万一に備えることと、将来使うこと。

このバランスを意識して、とのこと。

  • 自分の将来のために、人に会う

自己投資して、仕事力や生きる力を伸ばす・・というと、

資格取得に走りがち。

かくいう私も、アロマセラピストという肩書のために自己投資しました。

気をつけて、なんでもとれば役に立つとは限らない。

そこは注意しましょう、と。

  • 新聞を読もう

月4000円は決して高くない、と。

今や、ネットでなんでも

調べられる時代。

でも作者は

見だしを眺めれば世の中で何が起こっているかがわかる、とのこと。

確かにネットだと、トピックにフォーカスして

自分が興味のあるところしか読まないかも。。。

広告も今の流行などがわかるから大事だって。

※クレジットカードについても書かれていましたが、

今ちょうどキャッシュレスが有利な時代になったので

ココだけは参考にならないかな、と思いました。

『お金を貯める・殖やす』

ここが、一番私ができていないところ。

投資 や 積み立てNISA など、

聞いてピンとくる方はどれぐらいいるんだろう?

私の周りには少なくともいなかった気がする・・・

言わないだけで、本当は資産運用していたのかな?

今年に入って

資産運用・投資信託・積み立てNISA・iDECO・・・

こういうことに敏感になりました。

そして、実践を始めようとしているところ。

将来に不安をもって、文句を言っているだけじゃ

何も始まらない。

自分で動かないとね。

投資をすることで世界の経済が見えてくる、と。

ちなみにここ最近は軒並み下がっていますね・・・

コロナショック、とか言われてる汗

何てタイミングで興味を持ったんだろう、とも思いますが

投資信託ならば、

毎月ちょっとずつ投資して、長い年月で結果プラスになる

という仕組みのようなので

気長にやっていこうと思います。

もっと前からやってたら、今頃もう少し資産増えてたかなーとか

すぐ振り返っちゃう。

まとめ

この本を読むことで、

今まで気にしてこなかった/向き合ってこなかった

お金についてをわかりやすく書いてくれています。

約10年たって今でも全然参考になる。

勉強に終わりはないんだなーと気づかされました~。

良かったらチェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました