【レシピメモ】あんぱんを焼く週末。

アンパンを焼いてみた FOOD

あんこ買ったら、あんこを使うものが続く…。

ということで毎度自分メモです。

今回はこちらのレシピを参考に作っていきました!

基本のあんぱん by みんりん
みんなあんぱん大好き!! 柔らかい生地に仕上がっています。

つくれぽ2700+だから、おいしくないわけがない。

あんぱんつくろ。

レシピがあっても作っていると気づくこと。

それは下準備。

まずは準備するものからいきましょう。

準備するもの

  • 計り
  • ボウル
  • ヘラ
  • 刷毛
  • ラップ
  • スケッパー
  • オーブンシート

用意する材料

アンパンの材料そろえる

アンパン12個分

  • 薄力粉 300g
  • イースト 1袋(3g)
  • 砂糖 15g
  • 塩 5g
  • たまご Mサイズ1個
  • 牛乳 160cc
  • 無塩バター 40g
  • こしあんかつぶあん(私はこしあん派)1個25g(300g)
  • 照りを出す用のたまご 1個
  • ゴマ ちょっと

作り方

あんこを計り、分ける

あんこを計る

あらかじめ12個に分けて置く

1個あたり25gになるよう計り、合計12個をバットにのせて

冷蔵庫で冷やします

こうすると、後で包むときラク。

牛乳をレンジで温める

人肌ぐらい、さわってぬるいぐらいになるように

レンジで牛乳を温めます

パン生地を作る

材料を全て計量して、

小麦粉に砂糖・イーストを隣同士に、

砂糖⇒イースト

反対側に塩

塩追加

溶いた卵と、ぬるい牛乳を入れて

たまごと牛乳追加

一気にシャカシャカ混ぜます。

台に出す

まとまったら台に出す

生地がある程度まとまったら台に出してこねていきます

この生地、普通のパン生地よりもでろんでろんで扱いずらい汗

右利きの人は右にスケッパー、左でこねながら

スケッパーで生地をまとめて、のばして、を繰り返します。

生地がベタベタ

参考にしたレシピにも書いてあるけど気にしないでこねて、となってるから頑張ってこねる。

ある程度こねたら、バター追加

バターを足す

バターを追加してまたこねます。

本当に大変な生地だけど、その分でき上がりは柔らかいパンになります♪

1次発酵 1時間

一旦ボウルに戻す

ボウルに生地を戻して、

オーブンの予熱機能(35~40度)で1時間

1次発酵50分

発酵時間が長い…。

12等分する

発酵後

発酵が終わったら12等分します。

573gだったから、約45g前後で計っていきます。

12個に丸める

ベンチタイム15分

そしたら生地を休ませるベンチタイム。

待ってる間にオーブンシート準備

その間に天板にオーブンシートを敷いておきましょう。

成形していく~

あんこ出してくる

ベンチタイム終わったら、冷蔵庫からあんこを取り出し、

いよいよ形を作っていきます。

前にパン教室で習った包み方がここで生きるw

生地はまず、手のひらにのせて

外側を指3本で平らにしていきます

この時、中心はつぶさずそのまま残すように。

真ん中に山ができてる感じ。

生地の広げ方

そしたら、その山の上にあんこをのせます。

安定しなかったら山になった部分を少し平らにしてあげるといいかも。

あんこをのせたら平らにした部分を

少しずつ伸ばしながら対角線上になるようにくっつけて最終的にソコからあんこがはみ出ないように包んでまとめます。

上にあんこをのせて包む

コツがわかると意外と包むのって簡単。

つつめたら天板にのせていきます

2次発酵50分

包み終わり

2次発酵

ラップをした状態で35~40度で2次発酵させます

オーブンの大きさによっては膨らんでくっつくので注意。(私は無理に詰め込んだのでくっつきました汗

180度に予熱

予熱開始

発酵が終わったら、180度にオーブンを予熱開始して

溶き卵を生地全体に塗り

たまごを塗る

上にちょこっとゴマをのせます

ゴマをのせる

オーブンで焼く

オーブンに癖があるのでちょこちょこ気にしながら

私は10分したら前後をひっくり返してトータルで14分焼きました。

焼き上がり

手間はかけただけおいしい。

はい。ということで、普通のパンより

生地は扱いずらいし

発酵は2回とも50分と、

普通の簡単にできるパンより工程も時間もかかります。

が、これが一番おいしい。

なによりもパンは焼きたてを食べる醍醐味がありますね。

ということで

個人メモ:アンパン編でした。

材料が尽きたら、

米粉にシフトしていこーっと。

タイトルとURLをコピーしました