【ブックレビュー】『エッセンシャルオイルの特性と使い方』

エッセンシャルオイルの特性と使い方 IFA

精油の各論などを勉強していて悩むことって言ったら、

精神面ですよね。

気持ちに左右する部分であり、ココの解釈は

セラピストによってもとても変わってきます。

そこを、成分をベースに考えて色別で表示してくれている

とてもステキな本をご紹介します。

カラーグラフでわかる エッセンシャルオイルの特性と使い方

ローズマリー・キャディー 著
川口健夫/川口香世子 訳

 

いやぁ、これを見ると精油って奥が深いですよ・・・

あの1滴にどれだけの効果があるか。

改めて感心しちゃう。

エッセンシャルオイルの特性と使い方

この本は、精油の成分から刺激があるのか、活性させるのか、

はたまた鎮静させるのか、刺激が少なくて優しい成分が

その精油にどれだけ入っているか、がわかります。

キャディープロファイルとはナニ?

この本に載っている精油は全部で

90種類。

ただ、それのすべてが試験範囲ではないですし、

意外と身近にないような

聞いたことのない精油もあったりします。

そのなかの指標になっている

キャディー・プロファイル。

精油の化学成分を、10色に分けて表示しています。

例えば、

■ エステル類
■ ケトン類
■ セスキテルペン類
■ オキサイド類
■ アルコール類
■ フェノール類

エステルやケトン類 ⇒リラックス作用
セスキテルペン・ラクトン/クマリン類 ⇒バランス作用
オキサイド・モノテルペン・フェノール類 ⇒刺激作用

という、見ただけでどんな作用が多く入っているかが

わかりやすくなっています。

そして、それぞれに どの成分にどんな身体的作用があるか、

ということも書かれています。

例えば、

■エステル類 ⇒リラックス作用 が多いなら・・・

神経系:抗痙攣・鎮静・ヒーリング・高揚
循環器及び免疫系:鎮静作用
消化器系:抗炎症作用・鎮静作用

などなど・・・ 落ち着かせる作用が多いですよね。

まずは身近な精油で見てみる

良く分かりやすい例でいえば、

オレンジスイート

これは

モノテルペン類 83%
アルコール類 5%
脂肪族アルデヒド 2%
ケトン類 2%
その他…8%

という状態で、 円のほとんどを

オレンジ色の モノテルペン類が占めています。

つまり、刺激作用が多いってことですよね。

それとは反対に、

カモミールローマンを見てみましょう。

こちらは

エステル類 75%
オキサイド類 5%
モノテルペン類 5%
などなど・・・

エステル類が大部分を占めています。

つまり、 リラックス効果/鎮静作用が多いってことです。

・・・というように、

この精油って、どんな成分が多くてどっちに作用するんだっけ…?

となったときに、

一目で色を見るだけでわかるんです。

 とりあえず色分けでまとめてみる。

本の内容より省略していますが、先ほどの例の

鎮静・リラックス ■ エステル類
鎮静・リラックス ■ ケトン類
バランス ■ セスキテルペン類
活性/刺激・リフレッシュ ■ オキサイド類
活性/刺激・リフレッシュ ■ アルコール類

これらが各論と一緒にわかってくると

精油選択に時間がかからなくなります。

面白いのが、

フランキンセンス。

これ、

エステル類 存在
ケトン類 存在
セスキテルペン類 存在
その他 60%
モノテルペン類40%
アルコール類 存在

ってなってるんです!!

入ってることはわかってるけど

パーセンテージで表されてない。

そして、その他がなんと60%・・・!!!

まだまだ解明されてない作用がきっとあるんですよね。

今後解明されることを期待☆

フランキンセンスはアンチエイジングということで

フェイシャルでとても人気です。

まとめ

精油各論の勉強のお供に。

色鉛筆・または、カラーペンを用意して。

へーこんな作用もあるんだ!と

テキストを見ながら楽しく

勉強すると楽しくなりますよ!

※テキストが古いため、絶版となっています・・・

中古はとても安いので、ぜひ1冊手元に置いておくことをおすすめします!

 

タイトルとURLをコピーしました