セラピストは手が命。

セラピストは手が命 BEAUTY

最近、アルコールや除菌スプレーによる手荒れに悩む方が多いんだとか。

お客様のお顔やお身体に接する機会が多い私たちセラピストにとっては

ハンドケアは欠かせません。

触られる手がガサガサだったら肌あたり悪いですよね・・・

タイトルが、一昔前のCMのようですが。←歳がばれる汗

特に冬!!!

空気の乾燥とともに、手も乾燥がひどくなりがち。

  • ささくれ
  • しもやけ
  • あかぎれ

・・・悩める手の問題はいろいろ。

年齢は年を重ねてくるとさらに出やすいパーツでもあるので

日々のケアの積み重ねが大事です。

とにかく保湿。

保湿。保湿。保湿

顔も体も。手ももちろん。

日に日にお肌の水分は減っていきます。

保湿についてはこちらも参照ください♪

【保湿してる?】たった2つの冬の乾燥予防にやること
保湿クリームやボディミルクを塗っているんだけど、ぜんぜん追いつかないの。 みなさん、保湿ちゃんとしてますか? 寒くなってきて乾燥が進むと、肌がカサカサしてきますよね。 保湿が大事!と聞いてき...

潤いは常に補給しておかないと

若いころはそれでよくてもだんだんとごまかしがきかなくなります。

なので、まずは化粧水で保湿しましょう。

手を洗ったら、しっとり系の化粧水をスプレーにしてシューシューします

これをするだけでだいぶ違います。

安い化粧水を大量に手に振りかける、ぐらいでいいと思います。

塗るタイミングは?

塗るタイミングは?と気になるかもしれませんが、

  • 手洗いの後
  • 水仕事をした後
  • 寝る前

は意識して、塗るようにしましょう。

また手荒れが気になるときは適宜、気づいたら保湿!

と思うぐらいで十分です。

ハンドクリーム

ハンドクリームは化粧水で潤った後につけましょう

そして、その量も大事。

結構少なめに取る方が多いのですが、

チューブタイプで出すなら、3~4センチは必要だそう。

化粧水で十分潤った手に塗ると

ものすごいぬるぬるになります。

時間をかけてなじませましょう。

滑りやすい状態ならマッサージ

手のマッサージをする

ヌルヌルしている間に手のマッサージも同時にしてしまえば

一石二鳥♪

特に、母指球と呼ばれる、

手のひらの親指の下あたりの膨らんでいるところは

こっていることが多いです。念入りにほぐしましょう。

そして、親指と人差し指の骨の付け根あたりにある、

合谷というツボは、上半身がこっていると押すと痛い場所です。

イタ気持ちいぐらいに押すことで

肩こりや首の疲れがほぐれます。

キーボードを使って作業する方はそのまま手から肘にかけてほぐすと血行が良くなり楽になりますよ。

 手袋しましょう。

できることならば、

水仕事をするときはグローブを使うとか、

寝るときは、ナイトグローブをはめて寝る

というようにしてなるべく手を水から守るようにしましょう。

そうすることで、手袋の中でさらに保湿され、

クリームの浸透がよくなります。

どんなものを選ぶべき?

ハンドクリームの成分をしって自分にあるものを選ぶと効果的。

ヒアルロン酸
シアバター
グリセリン
セラミド
乾燥や手荒れ、保湿全般 保湿重視で行くならばコレ
ビタミンE
ビタミンC
乾燥による、ひび・あかぎれ ビタミンEは血行を促す作用があり
ビタミンCは高保湿作用があります
尿素
グリセリン
肌のゴワ付き 肌がゴワゴワしている時は柔らかくする尿素やグリセリンがおススメ。
※この場合は、一度スクラブをすることでふっくら柔らかになる可能性も⇒コチラ を参照。

これらを踏まえたうえで、ハンドクリームを使ってみてくださいね。

ハンドクリームだと、ヌルヌルする・・・って方は

ハンドローションでも可

ハンドクリームのヌルヌルが嫌い、って方も

いらっしゃいますよね。

そんな方は、

ハンドローションもおススメです。

真冬の間は乾燥が気になるのでハンドクリームでもいいですが

あったかくなってくるとハンドクリームだと思う感じることも。

爽やかな香りのハンドローションを使用するとさらっとした

感触で適度に保湿されます。

あまりにもガサガサがひどい方はしっかり目の保湿を続けてからローションに移行した方が手が滑らかになります♪

まとめ

手のケアをするには・・・

  • 保湿すること
  • ハンドクリームをつけること
  • ついでにマッサージすること
  • 手袋をして水を避けること
  • 手の状態にあったものを選ぶこと
  • クリームダメならローションで

・・・を守ると、手の潤いが戻ってきます。

そして毎日のルーティーンに加えることで

いつまでもふっくらすべすべの手を保ちましょう♪

タイトルとURLをコピーしました