暑い時は身体のどこを冷やすと早く冷える?

扇風機の前で手で目を抑えている男性 BEAUTY

暑い日が続き、ちょっと外に出ただけで

冷房の下や扇風機の風量Maxにした状態にしていても滝のような汗が出て全然引かない・・・

冬と違って、着こむことはできないし

つめいたいものを取ったら身体が冷えちゃうからと倦厭する方も多いはず。

私の経験ですが、

よく朝、職場についたとき

オフィスの冷凍庫にキンキンに冷やしたアイスジェルを

カバーに入れて(※こんなの↓。癒しのために、リラックマ。)

ちなみに、

冬場は ゆたぽんのリラックマバージョンを使用していたため、

※コレ↓

クマが好きなの?と聞かれましたが、そういうわけではないのです。

あくまで仕事するときの癒し。

それを

身体のある一部に置いているだけで

ものすごく早く汗が引いていました

それからというもの、この方法で夏はしのいでいました。

この方法、暑いのをなんとか早く押さえることはできないものかと調べた時にみつけた方法なんですが本当に効果的なので、

暑くて寝苦しい夜とか、とにかく早く涼しくなりたい!っていう方はぜひ試してみて!

意外と知ってる人は知ってるようですが、私の周りは知らない方が多かったので・・・。ご紹介。

◆結論から言いますと…

冷やす場所は:

背中の首から肩の境目あたり。↓この写真の水色のマルのあたり

後姿、首のあたりに水色のマル

そこには、頸動脈という太い血管が通っていて、血液が多く密集して流れているところになります。

※冷やしすぎても良くないので涼んだなと思ったら外しましょう。人によっては頭痛の原因にもなっちゃうみたいなので気をつけて!

暑いから冷えピタをおでこに貼ってる、なんて聞いたこともありますが熱があるわけじゃないし。意外と涼しくなるまでに時間がかかるんですよね。

特に、今年のような猛暑日が何一も続いているような状況では暑さもなかなか引かないかも・・・。

その点、こっち(首の後ろにアイスノンを置く)のほうが断然早く涼しくなるのでぜひお試しをっ。

アイスノン1個って、そんなに高くないし、

カバーもいろいろほかのものに変えたらその日の気分でいろんなパターンができるかも!?

一家に1個は冷凍庫に常備しておいてほしい☆1品でした~

ホント、おすすめなのでぜひ首の後ろ冷やしてみてっ!

 

タイトルとURLをコピーしました