セラピストは聞き上手。

コンサルテーション中 SALON

授業で、傾聴を意識して会話を。

ということを習うと思うんですが、

ここ最近(特にコロナ禍)は外出する機会も減り、

話し相手が家族だけ、とか

出かけないで家で一人で何かをしている、とか

というような方が多く、少なからずそれがストレスになっているようです。

フェイシャルや、トリートメントに来てくださる方々の会話が

止まらない止まらない・・・・

ここ最近はコンサルテーションにかかる時間がいつもより長くなりがちです。

時間には余裕を持たせているし、途中で時間だからと会話を切り上げるのもなかなか難しく…(それができるのがプロの技なのかもしれませんが。未だに半人前でございます。)

傾聴が大事、と分っていても・・・・当の本人もあまり外出せず、

自宅にいることが多いせいか、一緒になって話が盛り上がってしまう始末。

途中で

いけないいけない、ちゃんと話を聞かなくちゃ。

と思うことが多いです。

セラピストのメンタルバランスも、また大事だなぁと思いました。

さて、傾聴ですが・・・

いろんなお仕事、などでもコミュニケーションスキルとして大切にされてきています。

”耳を傾けて、聞くこと。”

質問したことに対して、クライアントが話してくれるのを聞く。

たまに角度を変えて質問してみる。

『・・・ですか?』

と、その質問が、クローズドにならないように気をつけながら。

※クローズド:はい・いいえで答えられる質問のこと。⇔オープン(:はい・いいえ以外で答えられる質問)

カウンセリングのキホンは・・・:

  • 客観的に聞く
  • 傾聴
  • 気軽に話せる雰囲気を作る
  • 相手を観察する
  • 共感する

それによって、クライアントさんに安心感を与えることができて

あ、私のことを大切にしてくれているな。という感情が生まれ

自然治癒力が高まる。とのこと。

 

途中で止まってしまったら…

『続けてください。』とか

『聞いています、どうぞ。』と返す、ということでしたが・・・

・・・しっかりとしたセラピストなら、そういうハナシ方をすべきなんですが、少しクライアントさんとの距離が遠く感じる・・・

私はもう少し距離を近くして会話したいな、と思います。

(あ、ソーシャルディスタンスは取りながら、心の距離を縮める、って話です。・・・結果、自分の話までしちゃうんですけどね)

マニュアルやテキストは指標として大事だけど、

やっぱり人相手だと(特に知り合いなららおさら)

思うようにはいきません。

でも、それでもいいんじゃないか、と思ったりもした日でした。

タイトルとURLをコピーしました