肩甲骨の内側が痛いのは重心が傾いてるから、なんだって。

肩に手を置いている女性 いろんな不調や悩み

エステのバイトをしていたころは

トリートメント時の姿勢を考えることなく前かがみになってかがんで

行っていました。

それでいて、腰は痛くならなかったんだけど

それはかろうじてあった腹筋の筋力と、若さ、だと痛感した今日この頃。

トリートメントの仕方、と言うのを知らないで

よくやってたなぁと感じます。

よく、

なんだか左側だけ肩が凝ってて・・・

なんてお悩み聞いたら

Mai
Mai

カバンどっちで持ってますかー?

とか

Mai
Mai

利き手どっちですかー?

とか聞くと、片方に重心がかかっていることのほうが多いです。

じゃぁ、

なんで肩甲骨の内側が痛くなるの??

結論は、

タイトルにもある通り

重心の傾き が原因だそうです。

左右均等にしっかりと座ってない/立ってないから。

ちゃんとしたトリートメントの手技を教わった後。

支障となって現れたのは肩甲骨の内側の痛み。

それも

勉強のために机に向かっていても・・・

トリートメントとしても・・・・

なにしても、この現象が起きる。

ここ数年、理由がわからずなんでかなーとは思っていましたが

本日こんなことを知りました。

それって、重心が傾いてるからなんだよ

と。

(これを言ってしまうとみんなの見本ともあろう人が自己管理ちゃんとできてないということになってお恥ずかしいんですが。)

机に向かっている時

猫背でパソコンに向かっている女性

座っている時は、

坐骨の右か左に重心が傾いてるせいなんだそうで。

例えば右足を左足に組んだら左重心になりますよね。

そうすると、

バランスを取ろうとして右にすごい力が入るらしく、そのときにこの場合ならば右の肩甲骨の内側に

痛みがきてしまう、ということらしいんです。

なるほどと思いました。

私の重心が傾いてたせいなのか、と。

トリートメントをしている時

確かにトリートメント中、両足でしっかり立って重心をと言われても

未だにあの中腰スタイルがちゃんとできてなくて

結局

上半身だけ行こうという意識で動かすから傾いているんでしょうね。

改めて、ほかの方にトリートメントする以前に、

自分の身体がちゃんとしていないと

いくら正しいトリートメントを学んだとしても

活かせないなぁ、

と再認識しました。

ということで

普段の生活の中で、いかに姿勢が大事かということがわかります。

アドバイスしながら、自分にも言い聞かせてること、よくあるのよね…。

いろんな意味で、

自己管理能力を高めることの大事さを感じました・・・。

タイトルとURLをコピーしました