【勉強に行き詰った?】瞑想(メディテーション)を活用してみよう!

瞑想をする女性 IFA

勉強ばっかりしていて、疲れる…息が詰まりそう!

ひたすら勉強をしていると、頭に詰め込みすぎて疲れちゃったり、短時間集中しようと思

ってもなんだか勉強する気が起きないな、なんというときありますよね。

そんな時は、瞑想(メディテーション)がおススメです。

“瞑想はストレスを減らす役割がある”そうです。

勉強しなきゃ・・・と無意識にストレスがかかっているのかも。

そんなあなたに、1分でも効果ある瞑想のすすめをご紹介します。

気持ちを切り替えたり、落ち着けたりするときにも効果的ですよ!

瞑想ってなに?





目を閉じて静かに考えること。眼前の世界を離れてひたすら思いにふけること。

・・・だそうです。

瞑想の効果

でも、ただ座って目を閉じているだけのようで実は得られるメリットはたくさんあるそうです。

  • 血圧を下げる
  • セロトニンの生成を促す
  • エネルギーレベルを上げる
  • 免疫を高める
  • 緊張性頭痛をやわらげる

また、精神的にもいい働きがあります

  • 不安を減らす
  • 精神安定を促進する
  • 創造性が増す
  • 幸福感が増す
  • 問題を大したことのないものと感じる
  • 直感が働きやすくなる

などなど・・・

日々の雑念から離れて、瞑想することによって気持ちや精神面にプラスに働くのはいいことですよね。

成功者の方々もこの瞑想を取り入れているそうです。

たったの1分で行う瞑想法

窓のそばで瞑想をする女性

本当の瞑想はもっと時間をかけて行うものだとは思いますが、

今回は勉強の合間にサクッと気持ちを切り替えるためにできるお手ごろなやり方です。

私は中学・高校のころ、よく学校で行っていました。

当時は瞑想という言葉ではなかったと思いますが、やっていることがまさに同じだったの

であの時のこれは瞑想だったのか~と大人になって少しびっくりしています。

長くなりましたが、やり方です☆

  1. 落ち着いて椅子または床に座る(手のの位置や足の格好などはご自分の楽な姿勢で)
  2. 目を閉じる
  3. 頭の中を空っぽに知るように意識する
  4. その状態で5秒で息を鼻から吸う
  5. 7秒かけて口から息を吐く
  6. それを5回繰り返す

以上です。

簡単でしょ?

5秒で吸って⇒7秒で吐く 1セット12秒x5回 =60秒

深呼吸をすることで体や脳に酸素が巡っていくことでさらに相乗効果が増します。

なるべくほかのことは考えないようにしましょう。 勉強の延長であれはなんだったっけ・・・?とかいろいろ最初は思い悩むこともあると思いますが、なるべく何も考えないことを意識してただただ自分の呼吸に集中しましょう。

瞑想をやった後






瞑想をやった後、どんな気分か最初のうちは気にしてみててください。

きっと最初は気持ちがざわざわしてて落ち着かないかもしれませんが、やっている間にとても穏やかな気持ちになれると思います。

やる気が出ない時。

勉強や不安感で頭の中がいっぱいいっぱいな時。

そんな時にぜひたったの1分なのでお試しください!

タイトルとURLをコピーしました