【マインドフルネス実践】Week1『利き手でないほうの手を使う』

お寿司とお箸 Mindfulness

と、いうことで。

先日、記事を上げましたブックレビューですが、本は実践してなんぼ、なので先週から始めることにしました!

【ブックレビュー】今、ここに意識を集中する練習
ブックレビュー。というか、実践内容は途中経過ですが。 今回の本は… ◆「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、柔らかくする「マインドフルネス」入門 「今、ここ」に意識を集中する練習 posted wi...

Week1「利き手でないほうの手」を使う

53個あるうちの、1個め。

レクチャーでは、

  • どんな練習?
  • 取り組むコツ
  • この練習による気づき

の3つが書かれています。

ざっくりと書くと・・・

どんな練習?では、どうやってやっていくか、という説明

取り組むコツにはどうやってやっていけば続けやすいか、などのコツが、

そして気付きではどんなことを感じるか、それによってどんなふうに感じるかなどについて書かれています。

と、いうことで。

利き手でないほうの手で1週間、過ごしました。

私は右利きなので、(カードを切ったり、配ったりと、食器洗うときのスポンジを持つときだけなぜか左だけど。)基本的に左手でなんでもするように心がけました。

でもね、

これ・・・

意外と大変なんですよ!! 三十○年、わたくし右手で生きてきましたんで、ここにきて左手でなんでもやるっていうのは本当に試練でした。

歯磨き・・・

食べるときのお箸などを持つ方

スイッチ押したり

ドアを開けたり

マウスを左手でもったり・・・

いがいと右手を使う事の多いこと多いこと・・・・

そして左手に力が入らないことはいらないこと・・・。

なにが大変?

気が付くと右手使っちゃう。

あ、そうそう。左手っ!!とおもいだしてやり直したり。。。

周りに宣言してやってたから

『あれ?もう左手使うのやめたの?』

と聞かれて

『あ・・・。』

なんてことも。

一番の難関は・・・。

何と言っても大変だったのは、お箸

写真にもある通り、お寿司を食べに行きました。

軍艦はまだいいのよ…なんとか、はさめる。

ただ、ネタとシャリがもぅもどかしいったらありゃしない!!

かろうじてシャリが乗ってる状態で食べようとすると

ネタが落ちる

そしてシャリがボロボロに。

挟むのって、そんなに大変??

って、思わず考えちゃうほど。

あとは、コーンスープのコーン。

あのツブツブ。右手で難なく1粒1粒つかめるのに左になった瞬間全くできない・・・

さらには、

なにかをお箸できる作業。たとえば、焼き魚とか、ゆで卵とか

ちょっと固めのものだと全然力が入らなくて・・・。

変に右手使ってもいないのに力が入っちゃって疲れることも・・・。

そんな感じだけど1週間やったら

やきもきする日が続きましたが、人間やはり慣れればすごい。

最初はすごく時間がかかってたけど昨日なんて結構スムーズに。

お箸が一番成長を感じられたなぁ。

と、いうことで気づき:初心に戻ることができる

ということだそうです。

利き手でない手で苦労しながら何かをしてみると不器用な人や上手くできない人に対する共感が生まれます。身体が不自由な人、けがをした人、脳こうそくの後遺症がある人などそれら多くの人たちが苦労する単純な動作が自分には当たり前のようにできることのありがたさに一瞬で気づくのです。

ということで。

当たり前にできることって、大事。

もし怪我したときに

あ。私、左手使えるんだった!

となるかもしれないし

身につけても損はないことだなぁ、と思いました。

そしてこの気づきについて母に話しをしたところ・・・

そういう人はお箸なんか使わずに、スプーンとかフォーク使っちゃって楽しちゃうけどね。

とのことです。(母:介護職経験者)

無理してまでお箸は使わなくても、生活はできるか…確かに。

ということで、意識してやれている間は引き続き

思い出したらやってみようかな!

と思います。

タイトルとURLをコピーしました