【美肌に欠かせない】ローズヒップの秘めたチカラ

ローズヒップの秘めたチカラ BEAUTY

ローズヒップティーって、飲みますか??

オシャレなカフェとかにある、

カラフルで鮮やかなドリンク・・・

または、

真っ赤なハーブティーでおなじみ

ローズヒップって、美肌効果がすごいんです。

ご存知ですか??

今日はそんなローズヒップの良さをお伝えしていこうと思います!

 ローズヒップとは

ローズヒップの実と乾燥したものロースヒップとは、

野バラの実で、小さい真っ赤な実がつきます。

実を乾燥させてお茶として飲んだり・・・

種を圧搾してローズヒップオイルを抽出したり・・・

昔からハーブティーやスキンケアで親しまれてきました。

お茶になると、ハイビスカスと一緒になっていることが多いんですけど

ローズヒップ単体で飲むと、

あそこまでの鮮やかな色は出ません。

ローズヒップの栄養は?

ローズヒップには、ビタミンCがレモンの20倍といわれています。

ほかにもたくさんの栄養が。

  • ビタミンC(レモンの20倍)
  • ビタミンP
  • ビタミンE
  • ビタミンA(ほうれん草の2倍以上)
  • ビタミンB1・B2
  • 食物繊維
  • 鉄分(ほうれん草の2倍以上)
  • カルシウム(牛乳の8倍・9倍?以上)
  • ポリフェノール(ほうれん草の2倍以上)
  • リコピン(トマトの8倍以上)
  • βカロテン(トマトの2倍以上)
  • マンガン(わかめの2倍以上)
  • ナトリウム
  • ペクチン
  • フラボノイド

こんなに栄養が詰まっているものって、

なかなか無いですよね。

ビタミンCはよく言われますが、

鉄分・食物繊維・鉄分・カルシウムまであるなんて・・・っ!!

ローズヒップの効果





これだけの栄養が含まれているローズヒップですが、

ではどんな効果があるんでしょうか?

美肌効果(しわ・たるみ・シミ)

美肌に欠かせないコラーゲンは

真皮と呼ばれる皮膚の3層目に網目状に

なって肌の弾力を保っています。

このコラーゲンが減ってしまうと

支える力がなくなってシワになったり

たるみとなっていきます。

ローズヒップの持つ、ビタミンCはコラーゲン生成

を助けます。

また、シミの原因になるメラニン色素の生成を

抑える働きがあるので

シミ予防も期待ができます。

免疫を高める ⇒ 疲労回復にも

疲れが取れないような体だと

免疫が下がり、風邪などを引きやすくなります。

ウイルスに打ち勝つためには

自分の免疫力との戦いとなります。

ビタミンCの力になるんですが、

白血球を活性化させるといいます。

白血球が活発に動き出すと、風邪などの細菌やウイルスと戦ってくれるため、

免疫力を高めることが期待できますね。

そして、疲れも取れるので健康的に過ごせます。

ストレスに

ストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが

たくさん出てきます。

それを抑える力があるのがビタミンC。

副腎皮質ホルモンと呼ばれるコルチゾールの分泌を

抑える働きがあります。

それによってストレスに負けないようになります。

便秘解消・腸内環境を整える

ローズヒップに含まれる

ペクチンと呼ばれる成分は、

水溶性の食物繊維が含まれています。

ペクチンには腸内の乳酸菌を増やします。

善玉菌のえさとなることで腸内環境を整えて

排便を促すことにつながります。

アンチエイジング

リコピンというポリフェノールは、

トマトなどにも良く含まれているものですが

身体を酸化させてしまう活性酸素の除去をしてくれる

抗酸化作用があります。

そのため、老化を防いでくれます。

貧血予防

女性におおい貧血の悩み・・・。

食事からとったり、サプリメントからとったりすると思いますが

ローズヒップは鉄分も豊富。

それも、ビタミンCと一緒に摂取することで

更に吸収が良くなるといわれています。

効率よく鉄分の吸収ができるのはうれしいですよね。

骨を丈夫に

年を取ってくると、骨粗しょう症などもあり

悩んでいる方も・・・。

カルシウムもなかなか日々の生活では

たくさん撮るのが難しいですよね。

ローズヒップはなんと牛乳の8倍(9倍?!)

もあるんです。

積極的に摂りたいですね。

ローズヒップティーはあんまりおいしくない

こんなにいいこといっぱいなのに

残念なのは、あんまりおいしくない、ということ・・・。

ローズヒップティーの飲み方

ローズヒップティー

  1. 温めたティーポットにローズヒップをスプーン2~3杯入れる
  2. 熱湯をティーポットに注いで3~5分蒸らす
  3. 茶腰を使ってカップに注ぐ

◆酸味の苦手な人はハチミツや砂糖・メイプルシロップを入れるとまろやかに。

・・・ローズヒップティーにしても

なかなか乾燥した状態でエキスが出てくるまでに時間かかるし、

すこし、独特な味がします(←あくまで個人の感想ですが

本来はティーにするよりも

実、そのものを摂った方がいいとか。

(お茶にして飲むことでとれる栄養分は2,3割しかなく、残りは実のほうに残ったままだそうです。)

実を食べるのも、すごくおいしければ

バリボリ乾燥したままドライフルーツのように食べるんですが…

いうならば、

味が薄いドライトマト?みたいな味…

粉末にしてたべる

ミキサーで粉々にして

お湯に溶かして一気に飲む、という方もいるそうです。

ローズヒップにはファインカットと呼ばれる細かくなったタイプとシェルカットと呼ばれる粗目のものがありますが、ミキサーにかける場合はファインカットのほうが良いかと思われます。

抹茶みたいに茶葉丸ごと飲む、感覚ですね。

でも、あまりおいしいものではないみたい・・・

ジャムにして食べる

お湯などでロースヒップを戻し、

砂糖・レモン汁で煮て

ロースヒップのジャムを作る

これなら、トーストやヨーグルトにかけたりして

食べることができますね。

既製のママレードやイチゴジャムに足してみる!

っていうレシピもありました。

そっちのほうが食べやすいのかも。

まとめ





ローズヒップの袋

ローズヒップには:

  • 栄養価が高い
  • 美肌効果
  • 免疫力を高める
  • ストレスに対応
  • 便秘解消・腸内環境整える
  • アンチエイジング
  • 貧血予防
  • 骨を丈夫に
  • 実ごと食べるためにジャムにするのがおススメ

ジャムにすでになっているものも市販されているので、面倒な方は

こちらをどうぞw

 

タイトルとURLをコピーしました