お隣、中国や韓国は成分至上主義、らしい・・・

成分について BEAUTY

化粧品って、一昔前はメーカーが名が知れていた、とか

一種のステータスとして使われていたようなイメージがありました

30歳過ぎて ドモホルンリンクルを使う、とか

一般庶民が SK-IIを使う、とか

カネボウや資生堂、海外のデパコスなどの化粧品など、

値段が高ければそれでよくて、

自分の肌に合うあわないはあまり考えてない人も。

ハイブランド < 成分

が主流になってきたよう。

そんな中、成分についてネットで調べることができるようになり

化粧品に使われている中身についても

皆さん詳しく知りたくなるようです。

ただ、それが独り歩きしていることも・・・

パラベンがよくない とか。

成分がその化粧品にとってどんな役割をしているのか。

成分表示に書かれていても、どれぐらいの量が入っているのか。

量にいたっては消費者目線からは計ることはできません。

それだけで、

この成分が入ってるからいい、とか

これが入っているものはダメ、と

簡単に決めつけるのもどうかなぁ、と思いますが。

韓国の化粧品事情

韓国では、

韓国版 @コスメ「ファヘ」というものがあります。

韓国コスメ好きな方なら、聞いたことあるかも?

韓国版@コスメ『hwahae』

화해
No.1 모바일 뷰티 플랫폼, 화해

◆hwahaeのアプリ

화해 - 6년 연속 1위 화장품 앱

화해 – 6년 연속 1위 화장품 앱
開発元:BirdView
無料
posted withアプリーチ

ios版のアプリはこちらから。

韓国語オンリーなのがつらい所ですが。

日本の@cosmeと違って何がスゴイかと言いますと

口コミだけでなく、

成分分析の内容が載っていることです。

20個の注意が必要な成分がその化粧品にどれだけ入っているか、というものが見えます。

これを機に、コスメ関連限定で韓国語勉強しようか…笑

皮膚科医の先生なども監修されているようなので

信頼できそう。

中国でも注目『成分党』

こちらはアプリRED(小紅書)というアプリで検索されたことで

認知度が高くなったようです。

小红书 - 标记我的生活

小红书 – 标记我的生活
開発元:Xingin
無料
posted withアプリーチ

中国国内の流行はここで調べられるんじゃないかってぐらい

いろんな内容が豊富です。

口コミサイトとしては、KISSMISSというサイトが老舗で口コミ件数も多いいらしいんですが、

Weibo(中国版ツイッター)や上で紹介したREDでの

キーワード

『成分党』・『#护肤成分大起底(成分徹底解析?)』がじわじわ人気となっています。

そして、もう一つ新たに出たアプリ

BeautyEvolution

美丽修行

では肌診断・成分分析・口コミなど・・・

同じような年齢の人でどんな肌質の人が使っているか、なども見ることができます。

成分がきっかけで人気に火がついたコスメも多いよう。

最近は、中国コスメも韓国コスメに引き続き

動画などでも紹介されることが増えてきましたね!

おまけ

ついでにみていたら、日本にもこのような成分解析アプリがあることを知りました~

2017年に、出ているコスメペディア。

CosmePedia , Cosme Pedia, cosmepedia, コスメペディア

CosmePedia , Cosme Pedia, cosmepedia, コスメペディア
開発元:Soft Venture Company limited
無料
posted withアプリーチ

バーコードをスキャンすると成分についてが見れるようになっています。

こんな便利なアプリがあったとは。

これを機に成分についての知識を深めていこうかと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました