【香害】化学物質過敏症って、知ってますか?

化学物質過敏症って知ってますか? BEAUTY
お客様

柔軟剤や化粧品、制汗剤の匂い、きついなぁ・・・

・・・なんて、思ったこと、ありませんか?

一時流行ったダウニーの香り・・・

みんなが一斉に使ってた頃は私もあの匂いには

くらくらしてしまっていました。

Mai
Mai

アロマセラピストは香りを扱うお仕事なので

少なくともみんな嗅覚は優れているはず・・・。

お店のテスターで、香りをかぐと

本当の香りを知っているだけに、

似せて作られた香りをかぐと

気持ち悪くなることもしばしば・・・。

特につらいのは車の芳香剤!!! つらーいっ

と、いうことで。

その体調不良、香りが原因かもよ?という話です。

化学物質過敏症

化学物質に対して身体が拒絶反応を起こして何らかの症状が出ることを、

化学物質過敏症といいます。

  • 香り付きの柔軟剤
  • 石鹸・洗剤
  • 消臭除菌スプレー
  • 化粧品
  • 制汗剤
  • 文房具

など・・・これらが家庭内だけではなく、

  • 学校
  • 職場
  • お店
  • 公共の建物
  • 電車などの交通機関
  • 公園
  • 道端

などなど・・・いろんなところに漂っています

そして、敏感な方だと、

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • せき込み
  • 皮膚のかゆみ
  • 倦怠感
  • 集中力の低下

などが起きることも。

においに敏感な方のつらさを

周りになかなか理解してもらえず、

大げさだ とか

神経質すぎでは?

といった受け取られ方をすることも。

香害は日本だけじゃなく、海外でも問題に

欧米でも深刻な状態になっているそうです。

メルボルン大学工学部に所属するアン・スタインマン氏が2019年2月に発表した「化学物質過敏症の国際的蔓延、および香料入り消費者製品の影響」によると、米国、オーストラリア、スウェーデン、英国の4か国で、人口の19.9%が化学物質過敏、32.2%が香料感受性を示したと報告しています。

アメリカ・オーストラリア・スウェーデン・イギリスの4か国で

人口の19.9%が 化学物質過敏症
32.2%が香料感受性を示した、となっています。

なにが原因なの?

一体なにが原因なんでしょうか?

マイクロカプセル技術を使用した

高残香性の柔軟剤が2010年に日本で売り出されてから

ブームになって、広まっていった、とのことです。

このマイクロカプセル化された香料こそが、

つらい状態を引き起こしているそう。

量によって香りの強さを変えられる ○○ビーズとか・・・

一時流行った、ダ○ニーとか・・・・

 

香料は天然、合成のものを合わせて

世の中に3000種類以上あるそうです・・・。

化学物質で作られた合成香料はなるべく使わないようにしたいですね。

どうやって防ごう?

自分で使用するものはなるべく無香料のものにしましょう。

化学物質を使用した香料に反応するので

ちゃんとした精油のような植物から抽出されたものを使うようにしましょう。

そして、症状がない方も日本人は香りを気にする人種らしいです。

無駄に多く柔軟剤を使用したり、制汗剤などを使用して

においをにおいで消す、ようなことは控えましょう。

使わない、が一番ですが使うようであれば、使用料を守るか、

思ったよりも少な目に使うのもいいですよね。

比較的精油に近い香りのおススメ商品

天然精油の香りなんていってても

本物の精油でないことも多いです。。。

アロマの香りとか言ってるやつは大体怪しい。

香りをかいだところ、まだ精油の香りがするなと思えたのは

ファブリーズナチュリスのシリーズ。

AROMA KIFIのシャントリセット

市販で買える、いい香りと思われる2商品。

(偏っててすみません汗)

あとは、柔軟剤の代わりに香りづけで

コットンボールに精油を垂らして乾燥機で回す、とか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

化学物質過敏症を発症されている方はここ数年で

急激に伸びているそうです。

香りはすぐになれちゃうので

強めの香りが当たり前になってしまうと

どれぐらいキツい香りになっているのか、

自分でもわからなくなってしまうもの・・・。

気をつけて生活しましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました