【手帳会議】来年の手帳を考える。

手帳会議。 Maiのつぶやき

そろそろデジタル化したい!とおもいつつ、

未だにアナログでしかできない私。

 

来年の(or9月はじまりの)手帳が販売始まりましたよ。

どれにするか、決めました??

 

スマホのアプリと併用して、人目で1か月が見えるようになってるととても管理しやすいんですが、それと同時に2重の手間が発生していて片方に記録し忘れたり・・・ということが起きています。

  • トリートメントの予約
  • モニターの締め切り
  • 自分の個人的なスケジュール
  • 家族のスケジュール

これだけのことを書き込むので、日々の手帳タイムが大事になってきます。・・・最近は(なぜか)時間が取れてないんですが。

スマホのスケジュールアプリ

色々試しましたが、今のところ、

◆Lifebear

Lifebear カレンダーと日記のスケジュール帳

Lifebear カレンダーと日記のスケジュール帳
開発元:Lifebear inc.
無料
posted withアプリーチ

 

Lifebear(ライフベア)が一番見やすく、紙の手帳に近いかな!と感じています。

色分けもできるし、1か月をパッと見れるし、日記やタスクも管理できちゃう。

紙の手帳

いろんな種類があるけど・・・私が必要なものとしたら

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週刊バーチカルタイプ(土日が短くなっていなくて、平日と同じだけ、幅があること)
  • ガントチャート

・・・あたりがほしいところ。

意外とおすすめはセリアのウィークリー手帳

バーティカルタイプって、主流じゃないんでしょうか?

・・・そんな中、

セリアのスケジュール帳が使い勝手がいいのですが

ウィークリーの1日の時間帯が6時から24時という間隔で書かれているところ。

セリア手帳マンスリー

セリア手帳ウィークリー1

セリア手帳ウィークリー2

・・・まぁ、自分で自由に時間を書き換えたり、空いたスペースに違うことを書くとかすればいいんですが。

私の希望としては、

Citta式の見開き2か月はとても広く見渡すことができるので

※詳しくはこちらの記事をチェック↓

【ブックレビュー】”1冊の手帳でなりたい自分になる方法”について読んでみた

気に入ってて、それにガントチャート(ハビットトラッカーとして使いたい)がついていたらいいなぁ、と思うんですが

毎年、手帳売り場に行ってもそれをかなえてくれる手帳がなく・・・。

どうせなら、作っちゃおう!

と作成しました。

2か月見開きカレンダー。下にガントチャート付き

自作見開き2か月マンスリーガントチャート付き

見た目には、個人的にはとても気に入ってるんですが

見開き2か月にしたことで、1日のスペースが狭いことが難点汗

これがもう少し広めにとれないか、格闘中です。

そのうえ、バインダーに挟むタイプなので持って出かける、とか常に持って歩く、ということにはあまりにも不向き・・・。

もっとスリムな、こういう手帳ってないのかなー。

そうなると、バレットジャーナルにすべきなのか…。

バレットジャーナルについてはこちらをチェック↓

バレットジャーナルのメリット・デメリット

ipadをノートにしたり、手帳として使ってる方もチラホラ見かけるので本当にこの際、紙とペンをipadとスタイラスペンにして過ごそうか、と本気で考え中です…っ。

サロンの予約とかの管理や、その他もろもろのスケジュール管理って皆さんどうやってしているんでしょう??

アプリや管理ができるサイトを利用しているのかな~・・・。

・・・とりあえず、自作でウィークリーも作っちゃおうかな~と、

考えております。

まだまだ手帳ジプシーは続く…。

この2重の作業によるミスを無くしたいっ!!

タイトルとURLをコピーしました