【ブックレビュー】花のもつ 癒しの魅力 フラワーヒーリング図鑑

ブックレビュー アロマセラピスト おすすめ本

ここんとこ、ハーブやフラワーエッセンスへの興味まで出てきたことで

手に取ったこちらの図鑑。

その辺にある、一般的な植物図鑑とは違い、

花が時代によってどんな使われ方をしてきたか、

そしてそれぞれの

  • ハーブ療法
  • アロマセラピー
  • ホメオパシー療法
  • フラワーエッセンス

についてが載っている、植物療法の観点からまとめられた図鑑

なんです。アロマセラピーを学んだからこそ、面白く、興味深い内容が満載。

花のもつ 癒しの魅力 フラワーヒーリング図鑑

結構昔に出た本なんですが

伝統療法は時代が過ぎても変わることはないので(新たに実はこうだった、ということが発見されない限り

今、現在で学んだ内容と比較してもそこまで違いはないかなーと感じます。

この本、発行されたのは1997年となっているので・・・・約20年以上も前の本。

花の写真/絵とそれぞれの説明が細かい

先ほども書きましたが、

それぞれのハーブについてとても詳しく載っています。

知っていることもあれば、知らなかった内容もあったりして意外と新鮮。

それぞれに、ハーブ療法・アロマセラピー・ホメオパシー療法・フラワーエッセンスについて書かれています。

私は、ホメオパシーは詳しくは知らないのでここはスルーするとして・・・

驚いたのが、すべてのハーブ(スパイスも含む)に

フラワーエッセンスの考え方があるということ!

アロマセラピーの精油として使えないハーブにはアロマセラピーの項目がないのですが、

フラワーエッセンスはすべてに載っていました。

ついで、で知れることが多い

精油について学んでいったりすると出てくるのが

ニコラス・カルペパーの占星術との関係とか

花言葉だったり

インドでどんな使われ方をしていたかとか

イスラム教ではこんな風に考えられていた、とか

そのハーブにまつわる内容が書かれているので

興味深いです。

フラワーエッセンスは3種類?

一番有名なところだと、バッチ博士のバッチフラワーエッセンスだと思いますが(この本ではバークフラワー治療薬と言う名前で書かれています。)

そのほかに、

カリフォルニア・フラワーエッセンス

と、

オーストラリアン・ブッシュフラワー・エッセンス

が載っています。

聞いたことはあったけど・・・それぞれその国で採れるハーブが

主になっているのか、種類がものすごく多い・・・っ

パラパラめくりながら・・・

あーこりゃ調べ始めたら奥が深そうだなぁ…。

と思わずにはいれませんでした。

テキストで学ぶようなハーブについては少ないかも

アロマセラピーで精油として学んだハーブ・植物油の素となるものとして学んだハーブ

ハーブ単体で学んだハーブ

フラワーエッセンスで学んだハーブ

それぞれありますが

これらについて、すべてを網羅しているかと言うとそうでもなく

意外とマイナーな(というか、テキストには載ってないような

ハーブについて詳しく載っています。

なので、勉強用、というよりは

更にハーブの世界の知識を深めたい方にはおススメかも。

私はハーブとフラワーエッセンスについて習ったハーブをもう少し詳しく知りたいと思って手に取りましたが

半分ぐらいしか情報は得ることができず。

後ろのまとめのようなところに数行書かれている程度、というものが多かったです。

歴史的背景を知ることも大事。

ヨーロッパの歴史などには詳しくなく、

まして文化もあまりよくわかっていない状態で読むと

世の中知らないことが多いなぁと感じました。

イギリスの方にとったら昔からあるもので、

とても身近なものとされている、とか

この時代は~があったので~の時に~が重宝した、とか

知らないで読むと

へーそうなんだ、ぐらいになってしまうので

歴史的背景とかも大事だなぁと思いました。

そりゃそうよね・・・学ぼうとしているのは

昔から続く西洋の伝統的療法、なんだから。

ということで。

試験勉強では上っ面しか学べてないので

奥の深さを改めて知った今日この頃。

 

アロマセラピーの勉強の範囲外、と言えばそうかもしれないし・・・

精油になってるハーブのフラワーエッセンスの考え方は

精油の心理面に作用するところと似てる気も。

 

パラパラとめくって眺めているだけでも面白いので

時間がある方、リフレッシュがてらなんか違う視点で

見てみたいなー、なんて方は機会があったら読んでみてもいいかも!?

 

タイトルとURLをコピーしました