【意外と知らない?】アロマセラピストの勉強を始める前に必要なこと4選。

読書している女性 IFA

よし! アロマセラピストになるぞ!

・・・と思っても、何から準備していけばいいか、わからないですよね。

そこでこのページでは、学び始めて

えっ、こんなこと/モノも必要なの? 

と焦ることがないよう、準備できることをピックアップしてみました。

アロマセラピストを勉強するために必要なこと

アロマセラピストって、アロマオイルを使ってサロンでマッサージするんでしょ?

・・・ぐらいの認識の方。

※マッサージは国家資格を有する方しか使えませんがここではあえてわかりやすく表記しています。アロマオイルも、言わないけどね…

意外とそうでもないんです。

なので、私なりに考える、アロマセラピストを勉強するのに必要なことをリスト化してみました。

  1. 材料費がかかる
  2. 人の身体を触る機会が増える
  3. コミュニケーションと同時に分析する力
  4. パソコンスキル

では、一つずつ解説していきます。

材料費がかかる

これが意外とかかるんです。最初の初期投資。

学びながらちょっとずつそろえてね。

と学校で言われますが、あっという間に

ハイ、じゃぁ30症例取り始めましょう

となるのでなるべく早めに地道に集めることが大事です。

材料費としてかかるものの一覧はコチラ

  • タオル
  • 精油
  • キャリアオイル
  • 施術用ベッド
  • ホットキャビ

ほかにももろもろありますが…最低でも、この辺は始めるときにそろえましょう。

都内に住んでる方だと、

家が狭くて、ベッドを買っても広げるスペースがないなぁ・・・

という方も。

自宅での症例が取れないという場合は、ベッドを買わずにレンタルサロンを利用する

という手もあります。

【東京で人気】レンタルサロン|おすすめランキング|インスタベース
全300件掲載中!東京都のレンタルサロン・シェアサロンまとめ!エステやネイル、つけまつげやマッサージ向けのサロンスペースを多数掲載。美容室の面貸しや格安で借りられるレンタルサロンも。設備の充実した貸しサロンを1時間から簡単予約

というページで開いてる時間を予約して利用する、というがおすすめです。

クラスメイトと授業も終盤にさしかかって、実技の総練習をしに行く時に借りたりもできて、重宝しました。

人の身体をさわる機会が増える

アロマセラピスト、というとすべての知識を総動員して精油と植物油のブレンドを考えたうえで、お客さんの身体に触れて直接トリートメントしていくことになります。
AEAJでいうと、アロマセラピー検定、アドバイザー、インストラクターまではクラフト作りや教室での講師など、どちらかというとたくさんの方に伝えるという立場。
それに対して、アロマセラピストはお客様と1対1で接していくので、今までの勉強と変わります。そして、筆記だけではなく、実技も並行して学んでいかなければなりません。

人の身体触るの怖いなぁ…

と、最初は思うものです。

でも大丈夫。みんな一緒。

それが触られている相手にも伝わっちゃうから最初は大変だけど、数こなせばなれちゃいます。
むしろ、慣れてくると、あ・・・この人は肩が凝ってるからこんな癖があるな・・とか気づけるようになれます。
怖がらないで、数をこなそう!

コミュニケーションと同時に分析する能力

・・・なんてかっこよく書いてますが、最初はけっこう頭を使います。お客様が来た時から観察!

立ち方、服装、しゃべり方、元気があるか・・・・

そしてコンサルテーション始まったら、聞いたことすべての情報から何がその方にとってベストな精油のブレンドなのか、考えないといけません。

それと同時にその方が発した言葉の本当の意味まで察せるとベスト。

お客様
お客様

リラックスしたいのでさわやかな香りを使ってください。

となるとリラックスしたいのか、さわやかな香りで元気になりたいのか意味合いが全然違ってきちゃうんです。

・・・つまり、こういうことですか?

と言い換えて自分が理解したこととお客様の考えてることが同じか、確認していきます。

たまにあれ・・・?リラックスしたかったんじゃなかったんだっけ?と話がひっくり返ることもあります。

気持ちを言葉にするのって、結構大変。

趣味が人間観察な方は得なような気がします。

パソコンスキル

今や、主流はスマホやタブレットの時代。

PC扱えない方も多いそう。。。

がんばれば、タブレットでもできそうだけど・・

意外と、クラスメイトの方でも

え・・・パソコン持ってないよ

って方や、

パソコン使ったことない・・

という方もちらほら。

まぁ、パソコンなくても生活できちゃうしね。

カウンセリング用のカルテも、学び初めて早い段階で

さぁ、自分のカルテ作ってみましょう!

という課題が来ます。

AEAJの会員の方は、公式サイトでテンプレートがダウンロードできるのでそれを参考にいじっていくといいです。ログインはこちらから↓※パスワードが必要です

(公社) 日本アロマ環境協会 | 会員専用ページ

ここでパソコンが使えないと、本末転倒になっちゃいます。PCのスキルと同時にPCが使える環境があること。できれば症例の印刷などもあるのでプリンターもね

事務仕事の方はPC自分用の持ってなくても、会社でコソコソやってる方もいました。

 

・・・ということで、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめます。

まとめ

いざ、授業が始まってから

知らなかったよー!

と、ワタワタしないためにも、これら上記の内容を踏まえたうえでアロマセラピストの授業を開始されると、安心かと思います。

備えあれば、憂いなし

  • PCが使える環境
  • トリートメントの練習/症例を取るためのスペース と、
    ↑に付随する設備や備品

は、最低限準備しておきましょう!!

以外でしょ?

ぜひ、参考にどーぞ!

 

タイトルとURLをコピーしました